肩こりの原因

肩こりは日本人の国民病と呼ばれるほど、年配の方も若い方も性別問わず多くの方が悩まされています。

肩こりはそのままにしておくと、頭痛や耳鳴りなど様々な悪影響をおよぼしてしまう場合があります。

そもそも、肩こりの原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

目が疲れている

g_05_01

パソコンを見て長い間作業をするなど、目を使い過ぎると眼精疲労が起きます。

目の神経と身体の筋肉には深い関わりがあるため、目が疲れると一緒に肩の筋肉や首筋の筋肉も緊張してしまい、肩こりを引き起こしてしまうのです。

近年ではパソコンやスマートフォンが広まり、若い方でも肩こりの症状に悩まされていることが増えています。

大きなストレスを抱えている

大切な仕事や苦手な人との人間関係などで精神的なストレスを抱えている方は多いのではないでしょうか?
精神的なストレスは、交感神経と副交感神経のバランスが乱れる原因のひとつです。

ストレスが溜まると、身体を休めている間に働く副交感神経の働きが鈍くなり、筋肉が緊張した状態が続いて肩こりを起こしやすくなります。

また、何日にも続くストレスは肩こりを慢性化させることがあります。

 

姿勢が悪い、同じ姿勢を続けている

g_05_02

猫背などの悪い姿勢をしていたり、前かがみで長い時間パソコン作業をしていたりすると肩こりを引き起こすことがあります。

前かがみの姿勢は、首や肩に頭の重さがのしかかり負担が大きい姿勢です。

また、同じ姿勢で長い時間過ごしていると、肩の筋肉が縮こまり緊張した状態が続きます。

筋肉が緊張すると血液のめぐりが悪くなって肩こりを招いてしまうのです。肩こりを防ぐためにも、適度な休憩やストレッチを行うようにしましょう。

 

ご自宅や職場で簡単にできる「肩コリ予防体操」

牛久市で肩こりのことなら当院へ

牛久市にある当院では当院では、一人ひとりに合わせた整体を行い、全身のバランスを整えることで肩こりなど辛い身体の不調を改善に導きます。

肩こりなど身体のトラブルは未然に防ぐことが大切です。肩こり解消のために牛久市近郊で整体院をお探しの方は、是非当院をご利用ください。

肩こりについて詳しくはこちら

肩こり

肩こりに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加