妊娠中・産後の関節痛

妊娠中・産後に突然、膝の痛みや腰痛、股関節痛などの関節痛があらわれて、マタニティ整体を受ける方は多いです。
関節の痛みを抱えてしまうことで大切なわが子の子育てが満足にできないのは、母親としてつらいものです。
こちらでは、妊娠中・産後の関節痛の原因と対処法についてご紹介いたします。

妊娠中の関節痛

妊娠中に膝痛や腰痛、股関節痛などの関節痛が起きるのは、「リラキシン」と呼ばれるホルモンが関わっている場合が多いです。

リラキシンとは妊娠初期・後期に多く分泌されるホルモンのひとつで、女性が出産するために骨盤・膝周りの筋肉を緩めて、出産の際に骨盤を開きやすくする働きを持っています。

骨盤・膝周りの筋肉が緩まることで左右のバランスが崩れて身体が歪み、関節痛という形であらわれるのです。

また、妊娠後期でお腹が大きくなることで姿勢が変化して関節痛を引き起こします。

対処法としては、お尻の下にクッションを敷いて、あぐらか足を伸ばして座る方法があります。クッションを敷くことで骨盤が安定しやすくなり、関節痛が和らぐ場合が多いのです。

このとき、横座りや女の子座りをしてしまうと、逆に膝に痛みがあらわれることがあるので注意してください。

この他にも「猫のポーズ」と呼ばれるストレッチを行なうのも効果的です。
手順は、肩幅ぐらいに開いた両手・両膝を床につけて四つん這いになり、息を吐きながら背中を丸めて、息を吸いながら気持ちの良いところまで反らします。

これを2~3回繰り返してください。

産後の関節痛

妊娠中だけでなく、産後まで関節痛が続く方も多いですよね。
産後に関節痛があらわれるのも、妊娠中と同じくホルモンが関わっています。

妊娠中には体重が増えたり、膝・骨盤周りの筋肉が緩んだり、骨盤が開いたりなど様々な身体の変化が起こり、「ステロイドホルモン」と呼ばれる炎症を抑えるホルモンが多く分泌されています。

しかし、出産を終えるとホルモンの分泌量が変わり、今までステロイドホルモンによって抑えられていた痛みを感じるようになってしまうのです。

また、ステロイドホルモンだけでなく、出産後の筋力の低下や授乳でのカルシウム不足、子育てによる身体への負担、骨盤の歪みなども産後の関節痛の原因になります。

産後の関節痛を悪化させないためには、普段の生活に少し工夫を加えて、できるだけ関節に負担をかけないことが大切です。

例えば、布団ではなくベッドで寝る、外出先では洋式トイレを使う、雑巾がけではなくワイパーを使う、床ではなく椅子に座るなどです。

また、授乳で不足しがちなカルシウムを積極的にとることも心がけると良いでしょう。

整体料金のご案内

初 回 ¥8,600(税込) (施術料5,400円+初見料3,200円)
2回目以降 ¥5,400(税込)

首から下の全身整体となります。
短い時間で痛みが取れたほうが、からだに掛かる負担が少ない為
リセット療法の施術時間は出来るだけ短いことを理想とします。

※ 初回のみ、問診・検査などがありますので時間的に多少余裕を持ってお越しください。
※ 最終来院日より3ヶ月以上間の空いた方も初見料が発生します。

頭痛整体(頭蓋骨矯正)

1回 ¥9,700(税込)

頭痛整体は「頭蓋骨矯正+通常整体」のコースです。

※ 初回のみ、問診・検査などがありますので時間的に多少余裕を持ってお越しください。

牛久市でマタニティ整体を行なっております

茨城県牛久市にある当院では、マタニティ整体を行なっております。
ボキボキしたり、グイグイ揉んだりしないので「痛くない施術でリラックスできる」など様々な評判口コミをいただいています。

妊娠中の方や産後で関節痛を抱えている方も安心してご利用ください。
また、顎関節症の改善や小顔効果が期待できるなどのメリットがある頭蓋骨矯正も行なっております。

マタニティ整体の施術内容や料金などに関するご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加