体の痛み 腰の痛み 首の痛みなどの 解説

コラム:現代体事情

【第1回】 「押さない・もまない・ボキボキしない」

2016/06/16

こんにちは。
アーム療整院の金浦(カナウラ)慎治です。

さて、今月から新たに「現代体事情」を始める事にしました。
ネーミングはちょっと気取ってみましたが(笑)

内容は、日々の施術の中で皆様から頂く
「体」や「痛み」の問いにお応えし、

体の色々な事を楽しく知って頂けたらいいな
というものです。

 

楽しんで頂けたら幸いです。

記念すべき第1回は、皆様からの質問が圧倒的に多い
「アーム療整院の施術はなぜ押さない・もまない・ボキボキしないのか?」
です。

 

1: 最初は・・・

実は私、整体院を始めたばかりの頃は
「ボキボキ系」やってました。

効果が無い訳ではないのですが
改善できない方がけっこういらっしゃいました。

今だから言えるんですけどね(笑)

患者さんからすれば、怖いし
非常に緊張しますよね。

高齢の方や、妊婦さんにも不向きです。

お笑いのバツゲームなんかにも使われたりして
整体=痛い でしたよね。

実際には痛みはあまり無いんですけどね。

 

 

2: 2回目は・・・

ボキボキ系の守備範囲に限界を感じていた私が
次に学んだのは いわゆる「「押しもみ系」です。

但し、慰安効果のものでは無く、
治療効果がとても高い施術でした。

これなら高齢の方でも妊婦さんでもOKなのですが
致命的と思われる欠点が出てきました。

時間がかかりすぎるのです。

重症の方だと1時間、軽症の方でも40分です。

これでは患者さんへの体への負担が
大きすぎます。

どうしたらもっと短時間で患者さんを
楽にしてあげられるだろうか?
日々考える様になりました。

 

3: これだ~

紆余曲折した末にめぐり会ったのが
現在の「押さない・もまない・ボキボキしない」施術です。

これは脳の反応を利用した施術なんですよ。

強い力でグイっと押したりもんだりすると脳が『この刺激危険』 と判断して
筋肉に『危険だから緊張しろ~』と命令をだします。

 

逆にやさしくやさしくゆらしたり、さすったりすると、『安心だから緩んで良いよ~』と命令します。

 

ゆらしながら筋肉を緩めて、体の歪みを取る

これだけなんですよ。

 

強い刺激の整体にかよっていた方が
アーム療整院の施術後、不思議な顔をして
必死に残った痛みを探す事があります。

『こんなやさしい施術で良くなる訳がないのに・・・・』
と顔に書いてあります(笑)

 

 

4: 本音・・・

私は施術時間は
『短ければ短い方が良い』と思っています。

その方が 絶対に患者さんの体の負担が軽いですからね。

同じように痛みが取れるのであれば
1時間より20分の方が良いと思いませんか?

手前味噌で恐縮ですが
「優れた職人ほど短時間で仕事が上がる」
と思っております(笑)

とても優しい施術ですし、
全身の調整をして20分位ですから
幼児・妊婦さん・高齢の方でも
負担を掛ける事無く 安心して受けられます。

ただし、慰安効果を求める方には向かないですね。
真剣に痛みを取りたい方にいらして頂けると嬉しいです。

 

痛みを我慢するのは体にも精神的にも良い事ではありません。
お気軽にご相談ください。

一つしかない自分の体です。大切にしてあげて下さいね。

 

アーム療整院院長 金浦慎治

茨城県の頭痛整体 アーム療整院

慢性疲労解消のための内臓活性療法、頭蓋骨矯正による頭痛整体、メンタル面のバランスを整えるためのストレス遮断など、心身どちらものアプローチを得意とする治療院です。

≪牛久本院≫
住所: 300-1234 茨城県牛久市中央2-5-26
電話: 029-874-0251


-コラム:現代体事情
-, , , , ,

ツールバーへスキップ